本文へジャンプ
静岡県立中央図書館 
ひらがなのページForeign languageお問い合わせサイトマップ
文字を小さくする標準に戻す文字を大きくする
文字の大きさ
簡単検索

ヘルプ
ホームご利用案内お知らせ交通案内
現在位置:HOMEの中の歴史文化情報センターからくずし字解読講座 テキスト一覧(古文書解読)

くずし字解読講座 テキスト一覧(古文書解読)

ご覧になりたいタイトルをクリックするとPDFが開きます。順番に読むことをおすすめします。

No. タイトル 主な内容 レベル
0古文書(くずし字)を読めるようになるには (21kbyte)pdfイントロダクション
1仮説を立てて読む (38kbyte)pdf”どういう書き順で書かれているか”をみて”手書き入力”機能の活用を
2知らないと読めない崩し方 (42kbyte)pdf「くにがまえ」や「糸偏」など、知らないと読めない崩し方
3よく出てくる崩し方に慣れる (84kbyte)pdfなぜそう崩すのか、ではなく、そういうものと覚える方が簡単
4よく出てくる言い回しに慣れる (44kbyte)pdf「乍恐以書付奉願上候」など、よく出てくる決まり文句について
5文章を読む1 (151kbyte)pdfわからない字は、前後の文字から連想して読む
6文章を読む2 (123kbyte)pdf字の雰囲気から連想することと、「前」「所」「取」の区別
7文章を読む3 (68kbyte)pdf一文字一文字しっかり読んで、パターンやコツをつかむ
8文章を読む4 (116kbyte)pdf一文字だけではわからないが、つながりでわかることもある
9文章を読む5 (72kbyte)pdf同じ字を使う確率が高く、使用される語彙はそれほど多くない
10文章を読む6 (120kbyte)pdf一文字に見えるが、実は二文字ではないか、と疑う
11文章を読む7 (49kbyte)pdfNo.5~10の復習
12文章を読む8 (76kbyte)pdf歴史の知識とくずし字の知識を合わせて読む
13文章を読む9 (68kbyte)pdf仮説を立て、それと矛盾しない字の感じかどうかを確認する
14文章を読む10 (70kbyte)pdf敬意を表す改行(平出)と、「御憐愍」など頻出する難解語
15文章を読む11 (104kbyte)pdf差出人と宛名、年号など
16数字を読む (88kbyte)pdf数字と年号を読む
17筆が流れている部分を見分ける (55kbyte)pdf筆が流れている部分と、字の一部になっている部分を見分ける
18書き手の癖に慣れる (54kbyte)pdf書き手の癖がある字でも慣れてくると読めるようになる
19他に出てくる同じ字を探す (54kbyte)pdf同じ文章中の他に出てくる同じ字を探してヒントを得る
20これまでの復習も兼ねて (51kbyte)pdf前回までに出てきた字や考え方を総動員して読む
21字の雰囲気は同じ (106kbyte)pdf崩し方はきつくなっても、字の雰囲気は同じ
22旧字体に慣れる (64kbyte)pdf頻出する旧字体に慣れる
23何度も出てくる用語 (62kbyte)pdf意外と少ない語彙と、小さな違いを見分けることについて
24有之、無之(これあり、これなし) (58kbyte)pdf有之、無之についてと、江戸時代の当て字について
25「右」と「左」 (68kbyte)pdf「右」と「左」の区別について
26より崩された字に慣れる (62kbyte)pdf「者(は)」や「義」「儀」について
27「しんにょう」の崩し方 (62kbyte)pdf「しんにょう」の崩し方のパターンと、一文字に見える2文字について
28読める字を手がかりに (63kbyte)pdf読める字を手がかりに、言い回しのパターンなどから仮説を立てる
29よくある言い回しを手がかりに (51kbyte)pdf講座始まって以来の難問
30全体の大意をつかんで仮説を立てる (95kbyte)pdf文章全体の意味をつかんで、仮説を立て、辞典で確認する
31「より」という合字 (68kbyte)pdf「より」という合字について
32同じ字を探す1 (67kbyte)pdf同じ字を探して、書き手の癖を見抜く
33他の知識を合わせて考える (70kbyte)pdf歴史の知識とも組み合わせて、仮説を立てる
34同じ字を探す2 (67kbyte)pdf同じ字でも異なる崩し方が同じ文書内にあることもある
35文脈で区別する字 (65kbyte)pdf一文字では読めないが、文脈の中で見えてくる字
36よく出てくる「ニ而」 (67kbyte)pdf頻出する「ニ而」。同じ字の記憶を重ねて、読めるようになっていくこと
37一文字か二文字か (38kbyte)pdf一文字か二文字か、両方の可能性をさぐってみる
38今でもよく使う言葉ですが… (38kbyte)pdf今でもよく使う言葉だが、漢字で表記されていてわかりにくいもの
39候補の中から組み合わせる (41kbyte)pdf様々な候補を書き上げてみて、組み合わせを考える
40起筆と筆跡をよく見る (47kbyte)pdf筆跡をよく見ることで、似た崩しを見分ける
41「手書き認識機能」を活用する (37kbyte)pdfワープロソフトの「手書き認識機能」の活用で字を推測する
42文節に注意する (36kbyte)pdf古文書には句読点がないので、文節の切れ目を見極める
43わずかな違いで見分ける (42kbyte)pdf「`」の有無やハネ方の違いから字を見分ける
44くずし字字典で様々なくずしをみる (43kbyte)pdf『くずし字字典』でいろいろな崩し方をみて、イメージをつかむ
45通して読んでみましょう (80kbyte)pdf37~44の復習
46(新)地名と名前を読む 1 (93kbyte)pdfインターネットで地名を検索して探す
47(新)地名と名前を読む 2 (97kbyte)pdf周りの村名や人名を参考にして推測する
48(新)地名と名前を読む 3 (73kbyte)pdf人名によく使われる字を読む
49(新)腕試し (59kbyte)pdfこれまでの復習を兼ねて、腕試し
50(新)くずし字解読から古文書解読へ (30kbyte)pdfくずし字の翻刻から読み下し・解読へ


内容に関する問い合わせ先

歴史文化情報センター 054-221-8228

ページの先頭へ

 著作権・リンク等について

静岡県立中央図書館 〒422-8002 静岡市駿河区谷田53-1 電話 054-262-1242(代表)