本文へジャンプ
静岡県立中央図書館 
読み上げソフト用ページひらがなのページForeign languageサイトマップ
文字を小さくする標準に戻す文字を大きくする
文字の大きさ
簡単検索

ヘルプ
ホームご利用案内お知らせ交通案内
現在位置:HOMEの中のメールマガジンから子ども読書情報(2012/01/13)

子ども読書情報(2012/01/13)

1.県立中央図書館子ども図書研究室*展示紹介
  現在、子ども図書研究室では次の展示を行っています。

■まめ・マメ・豆の本2
 2月3日の節分と言えば豆まきですね。子ども図書研究室では、平成18年度にも豆に関する本を展示しました。今回は、それ以降に収集した本の中から、第2弾として、豆に関する本を展示します。

■書評誌で取り上げられた子どもの本
 子どもの本について、その書評を載せている雑誌があります。本を選ぶ際に参考にされている方も多いのではないでしょうか。今回は、同時期に発行された5冊の書評誌から、そこに取り上げられている子どもの本を展示します。どのように紹介されているか、実物を見ながら確かめてみてください。

2.子どもの本に関する雑誌*目次情報
 子どもの本に関する雑誌について、目次情報をお知らせします。
 過去の目次情報については、子ども図書研究室のWebページからご覧いただけます。
http://www.tosyokan.pref.shizuoka.jp/contents/labo/index.html

『子どもの本棚』(日本子どもの本研究会 毎月発行)【Z02-66 閲覧室
◇児童図書の研究を行い、その普及と向上をはかる活動を行っている「日本子
どもの本研究会」の機関誌。子どもの本の新刊案内や毎月の選定図書、書
評、1年間の出版動向のほか、行事や講座の情報、読書教育実践報告など。
◇2012年1月号(519号)目次
■巻頭エッセイ 虫こぶって何? 二見正直
■新刊紹介
『ねことライオン』
『バナナこどもえん ざりがにつり』
『恐竜博物館』
『ともだちやもんな、ぼくら』
『教えて恐竜!ぼくたちの大切な歯』
『教会ねずみとのんきなねこ』
『盆まねき』
『マルガレーテ・シュタイフ物語』
『野鳥もネコもすくいたい!』
『日本の川 よしのがわ』
『フランダースの犬』
『ぼくたちのサマー』
『ぼくの仕事場は富士山です』
■選定付記 広瀬恒子
■日本子どもの本研究会選定図書(2011年11月) 選定委員会
■今月の書評
『さようなら、ドラえもん』 永井悦重
『ハティのはてしない空』 浮田優子
■特集 第16回学校図書館のつどい 報告
□記念講演「子ども・若者の現状と課題」―家庭・教育・仕事の変容の中で―(本田由紀氏)
□実践報告
 「学校図書館でただ今奮闘中!」―学校司書配置・三年目の杉並区での実践
■複眼書評
『隠れ家』 杉戸直由・加藤純子
■私のブックガイド
 「ドラゴン」がいっぱい―絵本から物語まで― 千葉まゆみ
■この本の舞台うら
『おきなわ島のこえ ヌチドゥタカラ(いのちこそたから)英語版』
 鈴木夕子
■わたしのよむ 『ヒロシマ』1~3(那須正幹/作) 栗原直子
■資料案内
『絵本の森の迷い道』 川島久美子
『小学生はこれを読め!』 谷口圭子
『学校図書館発 育てます!調べる力・考える力』 松本美智子
『紙芝居―子ども・文化・保育』 長田道子
■いま私たちができること 避難所でのボランティア活動 小澤恭子
■研究集会・会員研修のお知らせ
■文化講座 報告とご案内/2012年表紙絵画家の紹介/お詫びと訂正
■事務局より/じむきょくプラス
■日本子どもの本研究会2012年1月スケジュール/今月の研究会
■編集後記

3.グランシップ県立図書館コーナー「えほんのひろば」情報
~テーマ展示【鬼と豆の絵本】~
 節分とは、本来は「立春・立夏・立秋・立冬」の前日のことですが、現在では、単に「節分」と言えば、一般的に立春の前日を指します。そして、立春を新年と考えれば、節分は大晦日に相当し、「豆まき」は前年の邪気(災い)、すなわち「鬼」を追い出す意味があります。
 日本の昔話には、「桃太郎」や「一寸法師」など、鬼が登場するお話がいろいろあります。
 また、豆が主人公だったり、「小さい」という意味で「まめ」が名前に使われたりしているお話もあります。
 今回は、鬼が出てくる絵本と豆に関係する絵本を集めました。
○日時:1月14日(土)~2月3日(金)
○入場:無料
○問合せ:グランシップ県立図書館コーナー「えほんのひろば」(054-202-2131)
      県立中央図書館資料課(054-262-1243)

【「おはなし劇場」のお知らせ】
 グランシップ県立図書館コーナー「えほんのひろば」では、1月22日に「おはなし劇場」を行います。SPAC(静岡県舞台芸術センター)の俳優が、物語の世界を声と音楽で届けてくれます。
 今月は、グリム童話から『池の中の水の精』です。
 子どもも大人も一緒に楽しみましょう。
時:1月22日(日) 10:30~11:30
場:無料(申込みは不要です。)
○問合せ:グランシップ県立図書館コーナー「えほんのひろば」(054-202-2131)
      県立中央図書館資料課(054-262-1243)

★お知らせ【おはなしかいのご案内】
○1月15日(日)10:30~
○1月19日(木)10:30~・15:00~
○1月26日(木)10:30~・15:00~
【0歳からのおはなしかい】
○1月17日(火)10:30~
○1月24日(火)10:30~
【おはなし劇場】
○1月22日(日)10:30~
※臨時でおはなしかいをお休みすることもあります。
○入場:無料
○問合せ:グランシップ県立図書館コーナー「えほんのひろば」(054-202-2131)
      県立中央図書館資料課(054-262-1243)

子ども読書情報へ戻る

   静岡県立中央図書館
   
   所在地 : 〒422-8002 静岡市駿河区谷田53-1
   電話 : 054-262-1242(代表)
    FAX : 054-264-4268
     
     
著作権・リンク等について

お問い合わせ
携帯サイト
http://www.tosyokan.pref.shizuoka.jp/m/
QRコード
Copyright (c) Shizuoka Prefectural Central Library All Rights Reserved.