本文へジャンプ
静岡県立中央図書館 
読み上げソフト用ページ
ひらがなのページForeign languageお問い合わせサイトマップ
文字を小さくする標準に戻す文字を大きくする
文字の大きさ
簡単検索

ヘルプ
ホームご利用案内お知らせ交通案内
現在位置:HOMEの中のイベント情報から2014年8月の貴重書展示

2014年8月の貴重書展示

『駿河國御城圖』画像

幻の?駿府城


 駿府城と駿府の繁栄
 駿府城は、天正14(1586)年に徳川家康が築いた居城です。江戸時代初期には、家康による大御所政治が駿府城で行われ、駿府は、政治・経済の中心地として大いに繁栄しました。家康の死後も、駿府が幕府直轄領となり、駿府城にも城代が置かれるなど、駿府は天下の要衝として重要視されました。
 駿府城は、何度か大きな火災に遭い、その度に再建されましたが、天守閣は寛永12(1635)年の焼失以降再建されず、城の規模も次第に縮小していきました。天守台も、明治時代に歩兵第34連隊の誘致にともなって破壊され、更地となってしまいました。
 戦後、旧本丸・二の丸部分は「駿府城公園」として多くの人に愛され、巽(たつみ)櫓(やぐら)や東御門も復元されました。坤(ひつじさる)櫓(やぐら)も平成26年3月に復元され、駿府城も在りし日の姿を取り戻しつつあります。

項目展示期間・場所

期間 8月1日(金)~8月28日(木)
場所 静岡県立中央図書館 閲覧室  貴重書展示コーナー
(期間中、資料を入れ替えて展示します。)

項目展示資料一覧

画像をクリックすると、当館デジタルライブラリーの該当資料もしくは拡大画像が表示されます。
書名等画像略説
Q526/4
『駿河國御城圖』
『駿河國御城圖』画像 この図は、安政年間駿府在番天野大助、藤原政好が写し持っていたものの、写しです。「此図者安政年間駿府城在番天野大助 藤原政好ヵ所写蔵ノモノナリ 明治二十一年一月写之」とあります。

Q526/3
『駿府御城繪圖』
『駿府御城繪圖』画像 この図は、安政七年三月、駿府城在番天野大助、藤原政好がみずから描き、坪数間尺等は、その父天野大膳、藤原政譽が、御破損奉行(駿府城内外の建造物の営繕、材木の管理を掌った役職)在勤の時調べておいたものです。
214.8/32
『武徳編年集成巻之62』
『武徳編年集成』画像
 慶長18年(1613)8月6日、駿府城から家康が花火を見たという記載があります。
Q219/19
『駿府風土記』
『駿府風土記』画像 本書は、駿府近郊の名所旧跡、名産品、年中行事、駿府城内に関する詳細な記述と、駿府城町割図などの手彩色された絵図が掲載された地誌です。著者は分。
イベント一覧に戻る

貴重書展示一覧に戻る
静岡県立中央図書館 〒422-8002 静岡市駿河区谷田53-1 電話 054-262-1242(代表)