本文へジャンプ
現在位置:HOMEの中のお知らせからデジタルライブラリーに山梨稲川集第1~4巻を追加しました

デジタルライブラリー資料追加のお知らせ

当館デジタルライブラリーに、『山梨稲川集』第1~4巻を追加しました!
                           

 山梨稲川(とうせん)を御存知ですか? 江戸時代を代表する漢学者で、“日本一の漢詩人”と言われた輝く静岡の先人です。 当館では、昭和4(1929年に当館が発行した『山梨稲川集』第1巻から第4巻をデジタル化し、当館デジタルライブラリーに追加しました。
 『山梨稲川集』は『文緯と『音韻・附録』を収録しています。彼は詩文だけでなく、音韻の研究も行いました。音韻を正しく理解して初めて古書は正しく読むことができると考えた稲川は、中国古代音韻を研究しました。その研究は漢字の部首のうち、右側に位置する旁(つくり)により漢字を分類するという独創的なもので、その成果の一つが『文緯』です。
 現在の漢字辞典は部首ごとに分類されていますが、『文緯』は漢字の旁(つくり)で分類されています。
 画像を閲覧するには下のリンクをクリックしてください。

★山梨稲川集をデジタルライブラリーで閲覧する