検索結果書誌詳細

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 1 予約数 0

書誌情報サマリ

書名

ロラン・バルト著作集 8   断章としての身体 

著者名 ロラン・バルト/[著]
著者名ヨミ ロラン バルト
出版者 みすず書房
出版年月 2017.9


書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

タイトル番号 1006000233835
書誌種別 和書
書名 ロラン・バルト著作集 8   断章としての身体 
著者名 ロラン・バルト/[著]
書名ヨミ ロラン バルト チョサクシュウ   ダンショウ ト シテ ノ シンタイ
著者名ヨミ ロラン バルト
各巻書名 断章としての身体
出版者 みすず書房
出版地 東京
出版年月 2017.9
ページ数 13,375p
大きさ 21cm
価格 ¥6400
言語区分 日本語
ISBN 4-622-08118-0
ISBN13 978-4-622-08118-0
分類 958
内容紹介 1971〜74年、「作者の回帰」を主張し、身体の概念や独自の断章形式を開花させたバルト。ロマネスクの道を邁進した知的変貌の時期の論考や対談、インタビューなど全23編を収録する。著作集完結。
著者紹介 1915〜80年。フランスの批評家・思想家。著書に「記号学の原理」「テクストの快楽」「明るい部屋」など。



内容細目

1 アルトー:エクリチュール/フィギュール   アルトーをいかに語るか   3-7
2 序文   サヴィニャック『ポスター禁止』について   8-19
3 個人言語の概念、最初の問いかけ、最初の探求   高等研究院一九七〇〜一九七一年度年次報告   20-24
4 返答   テレビ番組のために半生を語る   25-74
5 ロラン・バルトをめぐる旅   『サド、フーリエ、ロヨラ』についてのインタビュー   75-85
6 ジャン・リスタへの手紙   雑誌のデリダ特集について   89-91
7 誠実さのレッスン   ルーカーヌス『パルサリア(内乱)』の分析   92-111
8 序文   プレヴェール『ファトラ』について   112-114
9 読むことの理論のために   読書の生産性とは?   115-118
10 イギリスのポスター   「イギリスのポスター一八九〇年代」展カタログの序文   119-126
11 記号学の十年(一九六一年-一九七一年)-テクストの理論   高等研究院一九七一〜一九七二年度年次報告   127-130
12 エクリチュールについての変奏   「手によるエクリチュール」についての集大成的大論文   133-214
13 未知なものはでまかせなどではない   ジャン・リスタとの対談   215-236
ジャン・リスタ/述
14 テクスト(の理論)   『ユニヴェルサリス百科事典』の「テクスト」の項目   237-263
15 博士論文と研究の諸問題-現代性という概念-「精神分析理論にそぐわないパラノイアの一例の報告」の分析   高等研究院一九七二〜一九七三年度年次報告   264-267
16 多元論的思考の解放のために   蓮實重彦によるインタビュー   268-292
蓮實 重彦/述
17 初めてのテクスト   一七歳で書いたプラトン『クリトン』のパロディ   295-304
18 ジェラール・ブランの『ペリカン』   小さな映画論   305-306
19 では、中国は?   中国旅行から帰って発表したエッセー   307-316
20 ユートピア   イタリアで発表された小さなユートピア論   317-319
21 ある作者固有の語彙集(個人言語)の構築にかかわる諸問題の研究-伝記についての共同作業-声   高等研究院一九七三〜一九七四年度年次報告   320-323
22 文学はどこへ/あるいはどこかへ行くのか?   モーリス・ナドーとの対談   324-355
モーリス・ナドー/述
23 神話作用   アンケート「知識人を問う」への回答   356-357

この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

※この書誌は予約できません。

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


資料情報

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 資料番号所蔵館請求番号配架場所資料種別帯出区分状態
1 0023072838県立図書館958/ハル/新着棚1一般和書貸可資料 在庫    

マイ本棚へ追加ログインするとマイ本棚を利用できます。


前のページへ

本文はここまでです。


ページの終わりです。