本文へジャンプ
現在位置:HOMEの中のデジタルライブラリーの中の電子図書館から葵文庫の由来

葵文庫の由来

葵文庫 (江戸幕府旧蔵書)の由来

 「葵文庫」(江戸幕府旧蔵書)とは、幕末の公的機関であった蕃書調所、洋書調所、開成所、さらには昌平坂学問所、箱館奉行所関係等の旧蔵書の一部を指します。 これらは慶應4年8月徳川氏(家達)の駿府移封とともに静岡に移され、府中学問所 (駿府学校)、静岡学問所(静岡学校)、さらには静岡師範学校へと逐次継承され、大正14年4月、静岡県立葵文庫の開館にともなって、当館に収蔵されました。

葵文庫の検索へ

葵文庫の解説と収蔵本の流れ