本文へジャンプ
現在位置:HOMEの中のお知らせからしずおかの貴重書展示 唐代の政治書 群書治要

しずおかの貴重書展示 唐代の政治書 群書治要

banner


今回展示する『群書治要』は、当館の貴重書コレクションの中でも特に貴重な資料で、まさに「お宝」です。

『群書治要』とは、宋の時代の中国で、政治の手本にするために、三国志や漢書などの古典を集めて抜粋したものです。

徳川家康は、この『群書治要』を江戸幕府の治世の参考にするため、元和2(1616)年、日本で最初の銅活字本として出版しました。

これが「駿河版群書治要」です。10万個以上の膨大な銅活字を用いたにも関わらず、作成期間はわずか4か月という驚異的なスピードでした。

当時の版本は、駿府城で保管された後、和歌山に移されましたが、昭和3(1928)年に、紀州徳川家の徳川頼貞侯爵によって当館に寄贈されました。

当時の版本で現存するものは少なく、大変貴重なものとなっています。

展示風景1  展示風景2

 
 展示期間  9月1日(火)から9月29日(火)まで

 展示場所  当館2階 閲覧室

フジッピー