本文へジャンプ
現在位置:HOMEの中の歴史文化情報センターの中の幕末・明治初期の史跡案内から1 「徳川慶喜公謹慎之地」石柱(宝台院)~約1年2か月の謹慎生活~

1 「徳川慶喜公謹慎之地」石柱(宝台院)~約1年2か月の謹慎生活~

 戊辰戦争のさなか、徳川慶喜はいちはやく朝廷へ恭順の態度を決め、江戸、さらに水戸で謹慎生活に入っていたが、1868(慶応4)719日に水戸を離れ、海路で723日に清水湊に到着、同日夕刻に駿府宝台院に入った。翌1869(明治2)105日までの約1年間、宝台院の一室で謹慎生活を送った。
  宝台院は、もとは龍泉寺と称していた。徳川家康の側室で二代将軍秀忠の生母・西郷局が当寺に葬られたが、1628(寛永5)年に後水尾天皇が故西郷局に従一位および宝台院と追号し、以後、寺は宝台院と称するようになった。徳川家ゆかりの寺院である。

<参考文献 記号は静岡県立中央図書館請求番号>

静岡県日本史教育研究会編『静岡県の歴史散歩』(山川出版社)<S290/90>
前林孝一良『徳川慶喜 静岡の30年』(静岡新聞社)<S289/ト13-9>
前田匡一郎『慶喜邸を訪れた人々』(羽衣出版)<S289/ト13-37>
静岡県『輝く静岡の先人』<S280/234>
静岡県教育委員会『資料に学ぶ静岡県の歴史』<S209/135>

徳川慶喜公謹慎之地石柱(宝台院)
関連資料へすべての文化財地図へ

より大きな地図で 「徳川慶喜公謹慎之地」石柱 を表示
前頁一覧に戻る次頁